住宅型老人ホームについてその特徴をご紹介します。

住宅型のメリット

女性

住宅型ホームの特徴

住宅型老人ホーム最大の特徴は、一般的な施設型老人ホームに比べて初期費用が安い点にあります。ただし、医療サービスを必要とする場合は、基本料金に加えて利用した分の費用が必要なので注意してください。施設のように大型の設備はありませんが、バリアフリーの施された一般住宅なので、今と変わらず家で暮らすように過ごしたい方にとってうってつけです。

外部サービスの活用

住宅型でも、施設の老人ホームのように利用できます。しかし、看護師がいる場合とそうでない場合もあるため、外部の看護師による介護サービスを活用することになります。外部業者によるサービスを必要とする場合は、入所前に外部業者によるサービスを利用できるかどうか確認しておくことをおすすめします。

医療的処置の必要度について

住宅型では、家を活用して介護サービスを実施しているため、医療的処置の必要度が高い方には入居を続けることが難しくなることがあります。なぜなら、処置には住宅型にはない医療器具が必要になるからです。しかし最近ではそのような医療設備を備えた住宅型も増えているので、探してみてください。

入所基準について

基準は運営会社によって異なりますが、ある程度共通しているので、十三での一例を紹介します。
・年齢 60~65歳以上
・認知症 受け入れない事が多い
・介護度 自立もしくは要支援~要介護2程度
・疾患 感染症に罹患していない
・保証人 身元引受人がいる
・金銭管理 自分ですることができる、もしくは家族の協力のもとできる

サービスの内容

住宅型老人ホームでは比較的軽い介護度の方が入所しているため、看護師よりも介護士のスタッフが多いです。そのため医療的処置よりも、食事介助や洗濯、整理整頓や調理の手伝いといった身の回りの世話が中心になります。
それに加えて外注の介護業者を活用して医療処置を行います。
しかし、それだけでなくときには施設スタッフによるレクリエーションもありますよ。入居者が家族と離れても快適に安心して暮らせるように環境が整っています。

もっと知ろう老人ホーム

女性

住宅型のメリット

近頃、十三などで増えている住宅型の老人ホームについてご紹介しています。老人ホームは民間業者の参入が多く、年々いろいろなタイプのホームが増えているのです。新しいタイプのホームを知って自分や家族の希望にあったホームを見つけましょう。

READ MORE
広告募集中